アートの力で炭鉱遺産の価値と記憶を甦らせ、赤平の新たな物語を紡ぎます。

赤平アートプロジェクト

2017.9.16(土)-10.15(日)
土・日・祝日のみ 12日間開催。

10:00-16:00(入場は15:30まで) 
入場無料

会場 旧住友赤平炭鉱坑口浴場 
および周辺施設

赤平アートプロジェクトは、
終了いたしました。

大勢の皆様にご来場いただき
感謝申し上げます。


 赤平から炭鉱(やま)の灯りが平成6年に消えました。あれから23年余り、石炭産業は遠い過去の歴史となりました。

 現在、炭鉱施設は「産業遺産」としての価値が高まっており、観光資源としての活用も急速に進んでいます。2016年には、立坑櫓をはじめとする周辺施設が、住石ホールディング(株)から赤平市に無償で譲渡されました。これを受け、立坑横でガイダンス施設の建設が始まり、炭鉱遺産を活用したまちづくりをさらに活性化させる動きが進んでいます。

 そこで、さらなる魅力を加えるために、炭鉱遺産とアートを融合させた赤平アートプロジェクトを開催します。本アートプロジェクトは、展示する「場」の持つ歴史や、そこであった出来事を作品の文脈に織り込み、炭鉱施設を人々の物語が甦るような空間へと変えていく取り組みです。また、作家・自治体・学生・市民グループなどが連携し交流することで、地域に根差したプロジェクトになることを目指しています。

開催概要はこちら

 

≪ 主 催 ≫

赤平アートプロジェクト実行委員会

 

≪ 共 催 ≫

赤平コミュニティガイドクラブTANtan

札幌市立大学 上遠野研究室

NPO法人炭鉱の記憶推進事業団

TOP