住友奔別炭鉱について

住友奔別炭鉱

石炭の発見は1880(明治13)年で、1900(明治33)年に奈良炭鉱として初めて開鉱した。1906(明治39)年に山縣勇三郎に譲渡され規模拡大が図られたが、1907(明治40)年に日露戦争直後の経済騒乱によって倒産した。その後の経営権は、1918(大正7)年に山下鉱業(=山下汽船系列)に、次いで1928(昭和3)年に住友へ経営が移った。 住友は、もともと別子銅山の経営で資本蓄積を図ってきたが、他の財閥に比べて石炭進出が遅れていた。三笠市内の唐松炭鉱によって北海道進出を果たしたが稼行条件に恵まれず、すでにめぼしい鉱区は他社に押さえられていた中で、買収による鉱区を獲得するしかなかった。このような背景の中で、奔別は最も期待された鉱区であった。

住友の経営に移ってからは積極投資で生産増強を図り、1945(昭和20)年には隣接する弥生地区の東邦鉱業弥生鉱を買収した。 1960(昭和35)年に深部区域を総合開発するため、ドイツGHH社から技術導入(製造は三菱造船)した奔別立坑、弥生鉱との間の運搬連絡坑道が稼働し、重装備機械採炭の導入によって能率は飛躍的に向上した。 しかし、能率の向上による急激な深部移行は坑内労働条件の悪化(特に高温高湿)をもたらし、従業員が続々と退職する事態となった。これを分社化によって乗り切ろうとしたが、僚山の住友歌志内鉱で大規模災害が発生し、住友赤平鉱への集中化で危機を乗り切ろうという経営判断から、立坑開発からわずか11年の1971(昭和46)年に閉山した。 累計出炭量は、26,510,105tであった。

立坑完成時の奔別炭鉱全景

立坑完成時の奔別炭鉱全景

 

ホッパー(石炭積み出しのための精炭ホッパー)

精炭(坑内から選炭工程を経て製品として出荷する石炭)を石炭貨車に積み込むための施設。
高さ20m(東側部分は19m)、幅13m、長さ100m。
1960(昭和35)年に奔別立坑を建設した際、能力増強のため従来あった施設(施設西側の長さ40m部分)に増築し現在の姿となった。北海道遺産に選定されている空知の炭鉱関連施設の一つで、現存する石炭積み出しホッパーとしては国内最大規模であり、隣接する奔別立坑とともに石炭生産のシステムを理解するために不可欠で貴重な施設である。

ホッパー(石炭積み出しのための精炭ホッパー)

ホッパー(石炭積み出しのための精炭ホッパー)

 

立坑

1960(昭和35)年、深部採炭への移行と奔別・弥生両鉱統合のために建設され、当時は「東洋一の立坑」と呼ばれていいた。 櫓高さ50.5m、立坑深度735m・内径6.4m。
一対のスキップ(石炭を揚げるための函)と、一対のケージ(人員・炭車のためのエレベーターかご)が設備され、立坑側面に「奔別」の字がある側(南側)から見て、右手側がスキップ、左手側がケージとなっていた。

※立坑は住友マテリアルの所有となっており、敷地はもとより内部の見学は一切許可されていません。無断での立ち入りが横行すると、立坑の保存活用への取り組みに重大な影響をもたらしかねませんので、本アートプロジェクトに来訪される方は節度ある行動をとられるよう強くお願いいたします。

奔別立坑

奔別立坑