ありがとうございました!

奔別アートプロジェクト公開終了してから早2日がたってしまいました。

片付け等のために、私達学生はあと何度か奔別に通うもののとても寂しい気持ちです。

温かい手作りのものを差し入れてくれたり、道で会った時に「頑張ってね」と声をかけてくれたりしてくれた地元の方々。そして来場してくださった皆さんが興味津々な様子でたくさんの質問や感想を言ってくれることが、ガイドツアーでの楽しみでした。

このような温かい交流や優しさに支えられたからこそ、多くのことを乗り越えて最終日までなんとかやってこれました。本当にありがとうございました。

私達はまだ勉強不足なことが多かったのですが、ガイドツアーなどでお客様と一緒に施設を回る事により、私達が逆に多くのことを教えていただいていました。

そして会期中の会場運営を手伝ってくれたNPOの方々にも本当に感謝しています。これがあったからこそ、私達は多くの来場者の皆様と交流する機会や時間を頂けたのだなと思います。

私は炭鉱アートプロジェクトを幌内布引アートプロジェクト、夕張清水沢アートプロジェクト、奔別アートプロジェクト、と3度経験いたしましたが、今回はアーティストの人数も会場の大きさも、そして来場者の数もおかげさまで最大規模で、会期前の楽しみや不安もとても大きかったです。

しかし先にも書きましたように多くの人に支えられ、最後までやり遂げられ、本当に今充実した気持ちです。

学生を代表して、皆様に感謝の気持ちを伝えたいです。本当にありがとうございました!!

 

札幌市立大学 山本倫子

 

  • http://toshihikoshibuya.com/ 澁谷俊彦

    みなさん、お疲れ様でした。おかげさまで、とても充実した楽しい会期を過ごすことが出来ました。みなさんの団結力と純粋な思いが結実した良い展覧会だったと思います。招待作家としての関わりでしたが、参加できて本当に良かったと思っております。また誇りに思っております。
    みなさんの行動をみていてうらやましく思える程でした。みなさんのこれからにエールを送るとともに、私自身も負けぬよう励みます。