奔別アートプロジェクト トークイベント

みなさんの地域の雪のようすはいかがですか?
岩見沢は昨年に比べると、まだまだ雪の量も少なく、国道もきっちり片側2車線確保されています。
師走も折り返し地点。あれやこれやと気ぜわしいこの頃ですが、本日午後2時より報告展開催中のそらち炭鉱の記憶マネジメントセンターで、奔別アートプロジェクトのトークイベントがありました。
本プロジェクトのアートプロデューサーでもある上遠野敏さんと、札幌市立大学の学生がこの夏から始動したプロジェクトの総括ともいえるトークを展開してくれました。
当初会場として予定していた石蔵は冷え切っているために、会場をセンター本体に移しストーブを囲み暖かい場所での開催。数々の写真をプロジェクターに写しながらのあっという間の1時間半でした。
地元からも童心会のメンバーが数名駆けつけてくださり、皆でプロジェクトに没頭していた日々を振り返りました。
終了後はNPOのスタッフ手づくりのおにぎりや美味しいおつまみ、甘いもの、飲み物と共に楽しい歓談のひと時。報告展は今月末28日まで開催していますので、みなさん是非マネジメントセンター石蔵にお運びください。
プロジェクトを振り返る写真も楽しいですが、会場内で見ることが出来る作品を丁寧に撮影した映像も美しく、なかなか見ごたえがあります。約18分ありますので寒さ対策を万全にして、是非こちらもご覧ください。