再会

公開9日目。今日も爽やかな秋晴れ。紅葉にはまだ少し早いとはいえ、三笠では桂沢湖畔での紅葉まつりをはじめ、いくつかのイベントがあった影響でしょうか、奔別へも240人もの方が立ち寄ってくださいました。ご家族みなさんお揃いで、中には犬やフクロウなどペットも一緒に入場される方の姿も目立ち、とても賑やかな一日でした。
昨日北海道新聞の空知版でアートプロジェクトのことが掲載されたことも手伝ってか、かつてこの施設で仕事をしていた方や、この周辺にお住まいだった方などが当時を懐かしんで訪れてくださっていますが、今日もこの立抗やぐらのそばに住んでいて、仕事もしていた。しかも、やぐらのてっぺんまで登って機械にグリースのような潤滑剤を施したことがある、という女性が来てくださいました。以前は夫婦で働いていた場所が、今、どのようになっているのか見に来たと…。そのようすをご主人の墓前に報告したいのだと。ひとしきり当時のようすを話して聞かせてくれ「こういうことをやってくれているおかげで、こんなに寂れてしまった場所にまた大勢の人が来てくれて嬉しい。どうもありがとう」とおっしゃるのです。
しかも帰り際には、やはり同じようにこの地域にお住まいだったというご家族と長い時間立ち話をしていました。もしかすると旧知の仲の方とバッタリ再会したのかもしれません。
公開日も残り2週で4日間となってしまいましたが、まだまだ多くの出合いの予感アリ! です。