山川草木悉皆成仏(さんせんそうもくしっかいじょうぶつ)

山や川、草木を含め、生きとし生けるもの全てに仏性があるといわれています。
仏教に日本古来の自然崇拝や畏怖の対象の八百万の神と融合した日本人の神性にフィットした思想です。
炭鉱をヤマといいます。一山一家の共同体そのものを指すのがヤマなのでしょう。ズリもたまれば山になります。奈良の三輪山は神奈備(かんなび)といわれ山そのものがご神体で禁足地でもありました。山には巨石や滝、巨木がありそれぞれに天と地をつなぐ神の依代(よろしろ)となり、現代でいえば神が降臨するためのパラボラアンテナといえます。
閉山から40数年ホッパーの裏山にはうごめく何者かの気配を感じます。また、山には山の神がおりマタギは女のひとを道連れに山に入ることをタブーとして、女の神様のご機嫌を損ねないようにしました。うちのかみさんを山の神といったのも畏怖の念から出た言葉だったのでしょう。山の神は春になると田の神となり里へおりてきました。神も仏も生活のなかで密接に関わっています。
先週に引き続き、今週も可愛い動物たちがやってきました。中でも珍しいお客様は、アカアシモリフクロウのムックちゃん。森の賢人は神聖な雰囲気を漂わせています。梟でありながら稀人そのもの、もしくは森厳な神の使いを思わせました。堂々たるふるまいとあまりの可愛さに人だかりが出来て一同心が奪われました。調子に乗って肩に乗せていただきました。飼い主のご家族の皆様ありがとうございます。なぜかムックちゃんから心地の良い波長を出してもらってシンクロできるいい時間でした。他に柴犬のころちゃん、ヨークシャテリアの2匹お連れのお客様、ご家族でご来場のお客様も多く、最年少2ヶ月の赤ちゃんから天使同様のお子様までほほが緩みっぱなしでした。
ホッパー右側の入口の作品「ズリ山と緑」の種を蒔いた芝生も若芽が吹き出して愛らしくなりました。周りの草木が葉をおとしたころ一段と輝くでしょう。山川草木悉皆成仏そのものを実感することが出来た素敵な週末でした。

上遠野敏(本プロジェクト アートプロジューサー)