「北の聲アート賞」をいただきました。

赤平・幌内布引・夕張清水沢・奔別・奔別2013と続く炭鉱の記憶アートプロジェクトですが、このたびこれらの取り組みを評価いただき、NPO法人炭鉱の記憶推進事業団が「北の聲アート賞」をいただくことができました。
みなさまのご支援に感謝申し上げます。

そらち★ヤマの記憶だより 北の声アート賞

ここ奔別では二年連続の開催となり、地域の皆さんとはすっかりおなじみさんになりました。
そしてここで過ごした人々がアートをきっかけに里帰りをし、ここに初めて来たという若者と会話が広がり、「若い人と話せてよかった」といいながら帰っていく。
そんな光景を見るにつけ、 私たちも幸せな気分になるのです。

私たちNPOの受賞ですが、ともにアートプロジェクトをつくりあげてきた仲間・札幌市立大学の上遠野敏先生をはじめ、歴代の学生のみなさんの尽力の成果です。
昨日は赤平コミュニティガイドクラブTANtan主催の「TANtanまつり2013」に、上遠野先生はじめ学生さんたちと行ってきました。

 

20131013-061620.jpg

TANtanのみなさんはアーティストの富士翔太郎さんとともに、赤平アートプロジェクトを展開中。
彼女たちの先輩が赤平の地に蒔いたアートの種は、着実に根付いて育っています。

奔別アートプロジェクト2013は折り返し点を過ぎましたが、秋から冬に変わる奔別の地で、みなさまをお待ちしています。