アートの力で炭鉱遺産の価値と記憶を甦らせ、赤平の新たな物語を紡ぎます。

赤平アートプロジェクト

 

出品作家・作品

上遠野プロデュース

特別企画

炭鉱安全啓発人形( 左から住友ひとみ、住友さとし、住友まさみ) と一緒に記念撮影 をしてみましょう!

赤平市炭鉱歴史博物館 蔵

上遠野 敏

「赤平黄金郷」

ベニヤ板・塗料 他

自然に還っていく姿を野生動物のシルエットで現しました。

 

「石炭音インスタレーション」

回転ガラガラ

採炭した石炭の音を再現しました。

「友子同盟」

吊りロッカー滑車、更衣室空間、祝儀袋 他

炭鉱に危険はつきもの。親方と炭鉱マンはかたいちぎりで結ばれていた。それぞれの人生の門出を祝しました。

「モス地蔵と黄金郷」

「モス地蔵と黄金郷」

札幌軟石、金箔、木材 他

プロジェクトの安全と成功を祈念。先人への畏敬の念。

「ネオン再見:赤平」

住友赤平立坑のネオン看板、LED 他

かつて立坑建屋に付いていたネオン看板。かつての隆盛のシンボルを再見してみました。

「ゆあみの分水嶺」

苔、浴槽空間、映像 他

地底から地上へ。炭鉱マンはゆあみを境に無事故に感謝して、我が家に帰る。分水嶺を美しい苔に例えた。

小坂 友梨、櫻田 沙綾

「スミおこしの芽」

歴史を重ねてきたこの場所に、人々の記憶を呼び起こす芽が生えてきました。

 

吉田 奏子

「光」

窓ガラスの破片、接着剤、LED 他

いたずらによって割られた坑口浴場の窓ガラス。その破片を組み合わせて、2つのランプシェードを作りました。石炭のように脆く、荒々しい、そして燃えるときの炎の美しい様を表しました。破片を使っているので尖っており、また壊れやすいため大変危険です。触れないようお願いします。

 

金井 祐貴

「爪楊枝によるミニチュア世界」

「山平パン」「珍来」「赤歌警察署」「クマゲラハウス」など爪楊枝で愛らしくも精緻な世界を展開している赤平在住作家作品。

 

前川 莉菜

「無題」

写真、参加型展示

私の好きな、炭鉱の様々な表情を切り取りました。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
あなたの写真も展示しませんか? ぜひTwitter またはInstagramでハッシュタグ 「#赤平アートプロジェクト」を付けて写真を投稿し てください。こちらからご連絡し、展示いたします。

 

南 怜花

「おとのあと」

私たちの生活はたくさんの音で溢れています。そこにあるのは、ありふれた音楽にはない豊かさ。のどかな赤平の風景に耳を傾け、その姿を想像して。

 

「視える、触れる」

モノが奏でる魅力的な音と出会う空間です。自由に触って、奏でて、音と触れ合ってください。

吉川 久美子、赤平写真映像資料収集会

「赤平資料映像」

立坑をモチーフにした線画や住友赤平立坑の貴重な映像アーカイブを上映します。

 

亀梨 亜弥華、前川 莉菜

「炭鉱の面影」

シャドーアート、インスタレーション、影

かつての炭鉱マンの気配を、影で表現しました。ぜひこの風景に入り込んで、当時の世界を体感してください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
炭鉱マンとご自由に記念写真をお撮りください。

姚 李蒞

「逆」

炭の普遍的な印象には黒い、汚い、硬い、重い、深い、燃える。そして、全て普遍的な印象の逆思考からは白い、きれい、柔らかい、軽い、高い、燃えない。従って炭の印象を深めると考え、制作した。

 

「炭鉱が聞こえる」

今、廃墟となっている炭鉱では作業はなく、人間もいない。昔の建物と機械しかなく、ばらばらな状態になった。さらに、広い空間ではとても静か。 初めて行った時、怖いと感じた。逆に、当時炭鉱の繁栄時代では仕事の音、機械の音、話し声がいっぱい混ざっていた。にぎやか、うるさいと思う。 そして、聴覚から当時の炭鉱の元気な仕事の雰囲気を復元したいと考え、制作した。

 

※敬称略

 

 

 

TOP