「お地蔵さまのこと」現代美術なのになぜ?

1940019_375397595947937_1061068899111351658_o

皆が知っているようで、よく知らないお地蔵さまのこと。

10600631_375362575951439_5272357488654013142_n

奈良十輪院には珍しい石仏が並んでいる。(画像は十輪院hpから引用)
お釈迦様(左)入滅後、五十六億7千万年後に弥勒菩薩(右)が地球に救済にきてくれるまでは、地球上は無仏の時代といわれ、唯一、お地蔵さま(中)が我々を守ってくれるのある。
衆生救済ゆえに、剃髪の僧侶に似た身近なお姿で現れているのである。
阿弥陀さんは西方浄土のあの世の仏さま。
薬師さんは、浄瑠璃浄土の仏様。薬剤師の意味ではなくお医者さんと同じ役割である。身体に備わった治癒能力がそれである。
私たちを直接見守っているのがお地蔵様なのである。

 

六つの世界に目配せする「六地蔵」

 

10388580_375380899282940_2272458022014407549_n

お地蔵様というと交通事故で亡くなられた方の路傍の石像や水子の供養などの印象が強い。
赤平のおそば屋さんに「夢かなえ地蔵」を展示する時に難色を示したのはそのせい。
実はお地蔵さまのフィールドは広く、人は死後、生前の行いと徳や信心の深さで行くところが違う。
天・人間・修羅・畜生・餓鬼・地獄に産まれ変わるか墜ちるのである。
天でさえも仏の世界ではなく苦しみが伴う。修羅は心が平定でなくいつも戦っている人・畜生が動物世界・餓鬼は人に施しを与えない人・地獄は、殺生・偸盗・邪淫・飲酒・妄語・邪見・犯自戒人・五逆罪(父、母、羅漢を殺し、仏を傷付け、教団を分裂させる大罪)・正法誹謗(仏法をそしる事をした者)などそれぞれに行くところが違う。
人は因果応報により、死後は輪廻転生する。
その六つの世界に目配せをしているのがお地蔵様で、六地蔵という姿で現している。
(写真は壱岐の六地蔵。波に心も洗われる)

 

お地蔵さんはハイパーにレスキューする

 

10659172_375381615949535_1338218134441095430_n

矢田寺縁起絵巻(国立博物館ライブラリーより転載)をご覧下さい。お地蔵さまの救済の図です。
蓮の華や蓮弁のような乗物でスーパーマンのように飛んできます。
生前、お地蔵様にお水やお花を手向けたり、遺族が追善供養をするとお地蔵さまにテレパシー連絡が行きお助けに参ります。
地獄への救済が知られていますが、六道世界いずれもあまねくお助けしてくれます。
仏道世界では10歳に満たない子どもの死は、功徳を積んでいないと地獄へも行けずに賽の河原を彷徨います。
ひとつ積んでは母のため、ひとつ積んで父のためと獄卒に蹴散らされてもて、手を血だらけにして石(功徳)を積みます。
そこに救済にきてくれるのがお地蔵さんです。駆けつけてくれるスーパーマン。
ハイパーレスキューがお地蔵様です。

 

ネ・申・イ・ム

 

1654353_375385862615777_8436099690453401916_n

津軽の金木町、太宰治の斜陽館近くに、小説「思ひ出」にも載っている雲祥寺の地蔵堂を訪ねた。
化粧地蔵に可愛いずきんとよだれ掛けの胸元には、リンゴの小さな切れ端が挟まれていて、ぽろりと落ちた。
毎日あの世とこの世を往還する人々の無償の愛の示し方を見た。

1601011_375387555948941_4749513381185063211_n 10394501_375387162615647_1003464298794658603_n

川倉賽の河原地蔵尊の地蔵2000体の巨大インスタレーションである。
死者が生前身につけていたものが奉納されていて涙をさそう。
隣村の稲垣村は人口1600人のところ2000体のお地蔵様が辻々のお堂に建立されている。
東北特有の冷害で度重なる飢饉が襲うたびに、幼いわが子を命を失ったり、やむにやまれず間引きをされたりと、苦渋の歴史を背負ってきた証なのである。
お地蔵様は人にやさしく寄り添う仏なのである。

 

巡礼するお地蔵様に会いに

 

  1940019_375397595947937_1061068899111351658_o

お地蔵さまが私たちのために六道世界のどこにいても駆けつけてくれるのです。
赤帽ハイパーレスキューに乗るお地蔵さんこそ真性なのです。
巡礼するお地蔵さんに出会えるといいですね。

10688196_375395955948101_3402166877957411425_o

イラストは学生の平中麻美子さん、デザイン着色はOGでプロジェクトマネージャーの千葉絵理子さん。出会った証に絵はがきを差し上げます。
照彦さんの「出会えたねお地蔵カード」は、残りわずかと知った照彦さんが、わざわざ増やして持ってきてくださいました。
夕張市清水沢〜万字峠〜毛陽〜朝日駅〜志文〜唐松駅〜三笠市奔別&リターンを巡礼します。
他の慰霊碑や炭鉱関連にも随時巡礼します。
Twitter @jizosha で会期中つぶやきます!gpsで居場所を知らせています。

10682351_375397632614600_8619911228639015010_o

今度の土日「そらち炭鉱の記憶アートプロジェクト2014」お待ちしております。

 

上遠野 敏
(そらち炭鉱の記憶アートプロジェクト2014アートディレクター/札幌市立大学教授)